Close

新緑の味覚、若鮎の塩焼き

安曇川の河口近くでは「簗(やな)漁」と言う、伝統漁法が行われている。
春から初夏にかけて、琵琶湖から遡上してきた天然鮎が漁れる。

この時期漁れる鮎は小鮎と呼ばれ、天ぷらにするととても美味しい。

しかし若鮎と言えるほどに成長したものは、俄然塩焼きが旨くなってくる。

苔をふんだんに食べた盛期の鮎も美味しいが、柔らかい若鮎の塩焼きは、安曇川の初夏を代表する味覚である。

Sponsored Links

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

© 2020 10 feet photogallery | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.