琵琶名物のひとつである小鮎の佃煮は、いかにも日本酒と合いそうである。

しかし、実際はそう簡単ではない。
お酒によっては、川魚特有の生臭さを引き出してしまうのだ。

生臭さが全く無い彦根きむらの佃煮からでも、生臭さを引き出してしまので困ったものである。

特に、フルーティー系の生酒は要注意である。

 

僕は基本フルーティー系の生酒が好きなので、ずいぶんやな思いをした。

 

試行錯誤の結果、現時点では竹生島「吟花」が最も安心して合わせられると感じています。

 

食材とお酒とのマリアージュ、
おもしろくも奥が深いものであります。

Sponsored Links