Close

おこめ食堂なごみの玄米菜食ごはん

FacebookTwitterTumblrPinterestRedditLinkedin おこめ農家さんが営む、文字通りおこめにこだわった食堂です。 メインは言うまでもなく酵素玄米ごはん。 もちもちとした食感の、香ばしい玄米ごはんでした。 揚げ物のころもをお米のポン菓子にするなど、おこめの魅力を伝えようとする意思が感じられます。 またお出汁を含め、動物起因の食材は使わず、調味料もお砂糖フリーで、甘酒、醤油糀、塩糀、自家製味噌を使うなど、強いこだわりが感じられます。

今シーズン最後のsato kitchen

FacebookTwitterTumblrPinterestRedditLinkedin みのり農園が運営するsato kitchenは、当然農園の収穫に依存した営業となる。 具体的にはおよそ5月〜12月の天候の許す限りまでとなる。 sato kitchen、今シーズン最後のランチは ●手羽先、手羽もとと大根の煮込み ●鶏ひき肉と里芋のキッシュ ●自家製鯖のへしことかぶかぶ ●根菜たっぶりの豚汁 ●サラダ という、最後にふさわしいメニーでした。

カラフルな根菜メインのハンバーグセット

FacebookTwitterTumblrPinterestRedditLinkedin みのり農園の根菜はとってもカラフル。 このカラフルな根菜をふんだんに使った、sato kitchenのハンバーグセット。 特に目を引くのは、ハンバーグにトッビングされている若草色の大根おろし。 「天津あおなが」というお大根で、地上に出た部分が皮だけでなく、中身も緑色になるらしい。

sato kitchen のパスタセット

FacebookTwitterTumblrPinterestRedditLinkedin sato kitchen のパスタセットは、やはりお野菜が主役。 このパスタも本来なら主役である牡蠣よりも、ホクホクのカブやシャキシャキ大根のトッピングが要の一品でした。

sato kitchenでお昼ごはん

FacebookTwitterTumblrPinterestRedditLinkedin 農家が営むレストランが人気である。 泰山寺地区にあるsato kitchenも「みのり農園」を営まれているご夫婦による、土日のみ営業のレストラン。 お米以外は全て自家製のお野菜を使ったランチを、古民家のゆったりとした空間で頂く事が出来る。 素材を活かし、奇をてらってないお料理は、穏やかな週末を楽しみたい時にはぴったりです。

© 2019 10 feet photogallery | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.