Close

COFFEE WORKS PLUSのエスプレッソ・トニック

FacebookTwitterTumblrPinterestRedditLinkedin COFFEE WORKS PLUSのエスプレッソ・トニック。 昨年、暑すぎるから加えられたメニュー コーヒーとは思えない柑橘系の酸味と苦味は、コーヒーも果物である事を教えてくれます。

COFFEE WORKS PLUSの珈琲

FacebookTwitterTumblrPinterestRedditLinkedin 新旭の外れにCOFFEE WORKS PLUSという、型破りな珈琲専門店がある。 周辺に人が集まりそうな所はなく、車の往来もさほどない所にそのお店はある。 店の前には、待合用なのか木のベンチが一つあり、あと珈琲豆の自販機。 店内はカウンター席のみ。 その奥には焙煎機やエスブレッソマシン、その他素人には用途不明の機器が所狭しと鎮座しており、さながら実験室のようである。 メニューはあるが、珈琲に疎い人に解るようなものではない。 したがってオーダーは、マスターとのやりとりにより決まる事が多い。 オーダーが決まれば手際良くかつ、いかにもその道のプロらしい動線で珈琲が作られていく。 写真の珈琲は、カプチーノ・アルフレッド。 初めて口にした時、そのクリーミーさから頭に浮かんだのは、かつて裏千家茶道資料館でお手前頂いたお茶の、柔らかい口当たりであった。

野点珈琲

FacebookTwitterTumblrPinterestRedditLinkedin 昔は川の水をよく飲んでいた。 今でも、上流に民家のない沢ではよく口にする。 沢の水は概して甘い。 沢の水に対して、湧き水は無味無臭であることが多いが、これでコーヒーやお茶をいれると、水道水との違いは歴然とする。 朽木の人たちは湧き水を清水(しょうず)と呼び、大切にしている。 この清水を現地で沸かし、挽きたての豆で点てる野点珈琲は、最高の贅沢である。

© 2019 10 feet photogallery | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.