Close

藪沢で釣れたイワナ

FacebookTwitterTumblrPinterestRedditLinkedin イワナはアマゴやヤマメと違って、愛嬌のある魚である。 警戒心は強いが、好奇心も旺盛であり、一度イワナとにらめっこをした事がある位である こんなイワナに逢いたくて、支流をつめてみた フライフッシングは枝沢や藪沢の釣りは苦手だと思われがちであるが、そんな事はない フライロッドは餌釣りの竿より、うんと短い。 その短いフライロッドの先から、ティベットを1m程出して提灯釣りをするのである これは日本固有の技術ではなく、ダッピングと名が付く立派な技である 元々短いフライロッドで、提灯釣りをする気になれば、フライフィッシングの守備範囲は、随分と広がる この一見ひんしゅくを買いそうな釣り方で仕留めたイワナ25cm そっとリリースすると、元気に流れに帰っていった

金曜日のアマゴ

FacebookTwitterTumblrPinterestRedditLinkedin 通常の河川では、ゴールデンウイークを過ぎる頃になると、夕方が最も釣れるゴールデンタイムとなる。 しかし、安曇川のようなハイプレッシャーな川では、土曜日に一番早く川に入った釣り人のみが良い思いをして、川が数日間黙り込むと言う現象が起こる。 したがって、土日から一番時間が経過した金曜日が、最もよく魚に出会える日となる。 二十年近くの前の金曜日に爆釣して以来となった、先週金曜日の釣行 今回も、この水域にこんなに魚がいたのだろうか… と感じさせる釣りが出来ました。

© 2019 10 feet photogallery | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.