Close

熊鍋恋し

FacebookTwitterTumblrPinterestRedditLinkedin はせ川では、良い熊肉が入ると冷凍保存するので、運がよければ春先でもありつける。 良い熊肉は臭みがないので、あっさり鰹出汁のお鍋でい頂くのがよい。 渓流釣りのシーズンインまであと一月余り 今年はありつけるだろうか・・・

夏のイノシシ

FacebookTwitterTumblrPinterestRedditLinkedin シシといえば脂の乗る冬の食材であるが、例外的に季節外れの入荷もある。 これは、獣害駆除で捕らえられた100kgを超える雄を「はせ川」の店主が薫製にしたものである。 さすがに脂はのっていないが、ヘルシーでビールのあてにはぴったりの一品でありました。

熟成鹿肉のステーキ定食

FacebookTwitterTumblrPinterestRedditLinkedin 朽木にはジビエ振興を目的とした鹿肉加工所「朽木コールドもみじ」がある。 ここで熟成加工された、柔らかい鹿もも肉のステーキ定食。 通常鹿肉は臭みを消すため生姜と合せる事が多いが、この鹿肉には臭みが全く無く、わさび醤油で頂きました。 はせ川は「おまかせ」のコース料理や鍋料理、一品料理と並んで「定食」も充実している。 定番の「とろろめし定食」「鯖寿司定食」「イワナ塩焼き定食」以外にも、その時々のお勧め食材を使った定食を楽しむ事が出来る。 お値段も手頃なので、朽木での昼時にはついつい足が向いてしまう。

熊を食べる

FacebookTwitterTumblrPinterestRedditLinkedin ジビエ料理が注目されているが、熊鍋は朽木の初冬の楽しみである。 状態の良い熊は、実に旨い。 見た目は脂が多いが、口にすると意外とあっさりしている。 ケモノ臭さは、ほとんど感じられない。 しかし外れると結構ぎびしいものがあるので、良いものが入荷した時を逃さないのがキモである。