Close

かまどご飯

滋賀をたべる会
シメは、のんきぃふぁーむの新米ご飯を存分に楽しむお膳。

その恐ろしく美味しいご飯は、佛光寺のお茶所で永らく使われていなかった「おくどさん」で炊かれた。

そのご飯の味を引き出す為に左嵜シェフが選んだのは、
琵琶湖畔で親しまれている湖魚「ごり」の山椒煮、梅干し、貴重な琵琶鱒のイクラ、そしてキノコのおみおつけ。

特に、琵琶鱒のイクラはご飯が進む事この上なく、おかわりに長い列が出来た程である。

キノコのおみおつけに、この日のお月様のような薩摩芋の輪切りがお隠れになっていたのは、思わずニンマリしてしまいました。

Sponsored Links

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

© 2020 10 feet photogallery | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.