Close

萩の露雨垂れ石を穿つ「しずり雪」

萩の露の「雨垂れ石を穿つ」は、毎年6月頃に「生」が出て、10月頃に火入れしたものが出荷される。

生酒を好む僕ですが、このお酒に限っては火入れしたものが本命だと思っていました。

しかしこの2月に突如リリースされた「しずり雪」は、フレッシュでありながら濃厚な味わいを持った、「第三の雨垂れ」と呼ぶにふさわしいお酒であります。

「しずり雪」とは、屋根に積もった雪が陽気で緩み、ずり落ちる雪のこと
待ちわびた末の春を感じるお酒となりました。

Sponsored Links

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

© 2019 10 feet photogallery | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.